図で分かりやすく。「抗菌」「除菌」「殺菌」「消毒」「滅菌」って何?

この記事が気に入ったらシェアしてもらえると大変嬉しいです

乳幼児を迎えてから、殺菌とか除菌とかいう言葉をとても気にするようになった。そういう人、多いと思う。ちまたでは除菌99.9%!とかあるけど、そもそも除菌って何?菌を除くって書いてあるけど、除くってどこへ?

とそんな疑問を持った所から、「除菌」検索。ついでに「抗菌」「殺菌」「消毒」「滅菌」の意味も調べてみた。文章だけだとちょっと分かりづらいので、自分なりに解釈して(多分あってると思う)図解にしてみた。

ソコココにあふれ出る、これらの言葉の意味をキチンと理解して、菌ちゃん撲滅(出来ないけど)作戦を決行するのだ!

SPONSORED LINK
レクタングル大広告

「抗菌」「除菌」「殺菌・消毒」「滅菌」について

菌に対する強さ的な言葉は、抗菌<除菌<消毒<殺菌<滅菌の順。

抗菌

細菌の繁殖・増殖を防止すること。JIS規格の抗菌仕様製品では、カビ・黒ずみ・ヌメリは効果の対象外。対象や程度を含まない概念。
抗菌イメージ
菌からすると「殺されない」「取り除かれて減少させられない」「繁殖させてくれない」という感じ。

除菌

細菌を除いて減らすこと。物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象から細菌の数(生菌数)を有効数減少させること。この細菌には、カビや酵母などの真菌類は含まない。対象や程度を含まない概念。
除菌のイメージ
例えば、手を水で洗った場合は、水によって細菌が流され有効数減少したら、除菌されたということ。

ファブリーズ等は、シュッシュとした所のある種の細菌が分解・融解などしてただのゴミカスになる→細菌ではなくなる。

ただ、取り除かないとその場に鎮座しているということなので洗えるものは洗った方が清潔。

殺菌・消毒

殺菌

細菌を死滅させること。ただ、殺す対象やその程度は含まない。ので、菌の一部を殺して、他が残っている状態でも「殺菌した」と言える。

この言葉は「医薬品」「医薬部外品」には使用できるが、洗剤や漂白剤などの「雑貨品」には使用できない。薬事法の用語。

消毒

対象物に存在している病原性微生物を、死滅または除去させ、害をなくしたり、毒性を無力化させること。消毒の手段として殺菌が行われることもあるが、殺菌せずに消毒が達成されることもあるので、殺菌や滅菌とは区別している。薬事法の用語。
殺菌・消毒イメージ

滅菌

対象物に存在している全ての微生物・ウイルスを死滅させるか除去すること。ただ、完全に菌を無くす事は現実的ではないので、1/100万に死滅させることをさす。

また、人を滅菌する事は不可能(人は必ず細菌を保有しているため)なので、手術器具などで使われる言葉である。
滅菌イメージ
滅菌は特別な器具や方法使うので、一般家庭では不可能に近い。

参照 日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)

まとめ

除菌って、調べるまでは、結構菌が死滅してるイメージだった。死滅なんてしてないじゃない!殺菌も殺せない菌は沢山いるわけで、滅菌しかない!と思ったけど一般家庭には無理だった。

それでも殺せる菌はいるので、市販商品のうたい文句の意味をよく理解し賢く使って、赤ちゃんに優しい環境にしていこう。

SPONSORED LINK
レクタングル大広告
レクタングル大広告
母こいけプロフィール
このブログの管理人、こいけ
こいけ

IT系でお仕事をしているアラサー。夫・息子の3人家族。埼玉県在住のフルタイム共働き。2016年に老後殺しの3階建て縦長建売マイホーム購入。

多額の借金からの債務整理をしたり、不動産詐欺にあいそうになったり、その他日々の暮らしを披露していけたらと思う。

現在育児休暇中。詳細はこいけ家って?を参照。


この記事が気に入ったらシェアしてもらえると大変嬉しいです